仕事を知る work

博心会では、あなたの「やりたい」を
叶える職種が豊富にあります。

介護士

介護福祉士は、介護と福祉の専門知識と介護技術を持って、施設内で介護を支援するお仕事です。
3大介護である食事や入浴、排泄などの身体介助や生活援助もありますが、レクリエーションや外出イベントなどのサポートも行いご利用者様の在宅復帰をサポートします。

看護師

ご利用者様の体調管理や服薬管理、介護職員への衛星管理指導が主なお仕事となります。医療的な行為が少なく、ブランクがある方でも比較的スムーズに職場復帰ができます。
また、介護現場を経験している看護師のニーズは今後高くなると予想されますので、キャリアの幅も広がります。

理学療法士(PT)

ケガや病気などで身体に障害のある人、障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、また障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する、医学的リハビリテーションの専門職です。
患者さんの改善や回復が実際に目で見えますので、やりがいのあるお仕事です。

作業療法士(OT)

作業療法士は病気や事故などで身体に障害を持った患者さんや、身体機能が低下した患者さんなどに対して、食事や入浴、着替えなど、生活に欠かせない日常動作を通じたリハビリテーションを行う仕事です。
また料理や洗濯などの家事や趣味(将棋・書道など)活動の動作を取り入れて日常生活の精度向上を目指します。

言語聴覚士(ST)

病気や加齢などで、話す、聞く、表現する、食べることが不自由になったご利用者様に対し、訓練を通じて自分らしい生活が送れるように支援するお仕事です。
言語聴覚士は、聴覚や言語などの障がいに関する専門家として、様々な障がいを持っている方に寄り添えるお仕事になります。

介護支援専門員

介護者やご家族様から相談や心身の状況に応じて、介護サービス等の提供についてケアプランの作成したり、市町村、施設、ご家族様などとの連絡調整します。また、プランを作成するだけでなく、実行されているかのチェックを行います。
業務としては、ご利用者様と面談したり、デスクに座って連絡調整したり計算したりという業務が多めです。

相談員

病院やご家族様からの入所相談に応じ、ご高齢者のご状態を確認し、多職種と連携し受け入れ態勢を整えます。また、退所支援も業務であり、ご本人またはご家族のご希望やご本人のご状態を考慮した退所先を他職種で検討します。

栄養士

ご利用者様に食事提供と栄養ケア・マネジメントを行うお仕事です。食事提供では、他職種と相談の上食形態や食器、食具やご利用者様に合わせた食事を提供しています。また、低栄養状態などの課題を把握し、栄養マネジメント計画を作成し、ご本人様やご家族様に同意を得たうえで、計画に基づいた食事提供を行い、経過を記録していきます。

事務

施設に来られたご家族様などのお客様受付業務と介護報酬や施設サービス利用料の請求および職員の勤務記録や給与データの作成などの事務業務を行います。施設の第一印象を決める役割だけでなく、法人の収入や職員の給料といった法人を支える大切な役割です。

LSA(ライフサポートアシスタント)・運転手

LSAは、施設内の掃除などを行うお仕事です。
運転手は、ご利用者利用者の送迎業務を行う運転手です。自宅まで車で迎えに行き、利用者を乗せて施設まで送り、夕方には施設から帰る利用者を乗せて家まで送っていきます。車椅子の上げ下ろしや利用者の乗り降りの介助なども行う場合もあります。

医師

「老健のお医者さんをしています」
こう言うと、同業者である医師たちからも「書類書く仕事だよね?」と言われます。確かに介護保険上の書類もたくさん書きますが、本当は人生の最終コーナーを上手に走りきるための、とても大切な仕事をしています。認知症を含めた要介護の高齢者にどう接したらいいのか、どう治療したらいいのか手探り状態というのが実情です。確立したものがない分、介護の仕方、治療の仕方によって生活の質(QOL)が大きく変わることを日々実感しており、そこが難しくもあり奥深いところでもあります。

管理者

施設の管理業務つまりマネジメントが主な業務です。
提供する介護サービスが、適切に確実に提供されるようマネジメントする業務です。あらかじめ決められた介護サービスの内容を守り、かつ、サービスの品質も落ちないよう、スタッフに働きかけます。

お電話でのお問い合わせ

078-441-7033